投稿日時:2013-12-22 7:49 PM

あまり話題にならなかった「とくしま情報伝達訓練」

とくしま情報伝達訓練

 2013年12月20日、徳島全県で「シェイクアウト」と呼ばれる避難訓練が行われました。(http://anshin.pref.tokushima.jp/docs/2013111900037/)当日14時、携帯電話に緊急速報メールを一斉配信され、避難行動や安否の確認をするというもの。これほど端的にICTの力が人の役に立つ事例もないですよね。

 14時、ちょうどエフエムびざんでのラジオ出演を終えた私のiPhone(docomo)にも届きました!

 でも、なんかでもあまり話題になっていないような。。。現場では誰も避難行動してなかったし、ニュースにもなっていないし、Twitterでもあまり投稿が見られない。(https://twitter.com/search?q=とくしま情報伝達訓練

 県は、結構告知していたような気がするんだけど。まだまだ地震の被災に対して、徳島の人は現実味がないのかな? 南海トラフ地震、徳島はかなりヤバイです。さらに、先日陸前高田を訪問した際、海が見えない地域でも津波の被災(周囲全てが更地になっていた)があったので、沿岸部だけの問題じゃないんだよね。8月に奈良で震度7という誤報の時も、弊社オフィス周辺の住民の方々は、一切避難する気配もなく。。。

 そういう私は、写真の通り完璧の防御態勢! まあ亀ですからね。ヘルメットで頭部は隠れるし、発泡スチロール製の甲羅は水にも浮く。これが言いたくて、このエントリ書きました(笑)。さーせん。

Category:ブログ
Author:Masahiro HONDA
Permalink:http://www.takaranoyama.net/2013/12/tokushima-shakeout/